豊かな人生のためカウンセリングを活用する

相談は誰にするかが解決を左右する

  本来、誰かに話を聴いてもらうという事は、決して特別な事ではありません。
  しかし、誰かに相談をしても、どこかしっくりこない、解決しそうにない、または反対に
  気分を害したり、余計に落ち込んでしまったという人は少なくないと思います。

  それは、決して話を聴いている人が、いい加減に聴いていたり、適当なアドバイスをして
  いるのではなくて、それだけ、話を聴くという事は難しい。


  例えば、家族など身近な人ほど、相手に変わってほしいという気持ちが強かったり、自分の
  アドバイスを聴いて欲しいという思いがあって、相手の心の状態をよく確認せずに対応して
  しまいます。
  また、誰もが自分の『常識』、『正しさ』を持っていて、それを通して相手の話を評価して
  いるので、相談をして来た相手に、なぜか責められているような気分を感じさせてしまうこと
  があります。


カウンセラーの話の聴き方


  人の話を聴き、心を受け止めるには、相手の世界観を大切にして、『無常識』で話を評価
  すること、自分の聴きたいことではなくて、相手が考えるべき事を考えられるような質問を
  することが大切です。
  また、相手にどうなって欲しいという期待も押さえて話を聴いた方が良いのです。

  しかし、そうやって話を聴くためには、物事を深く考える力、さまざまな観点から話を分析
  できる専門的な知識、人の個性を見極める洞察力、言葉を選んで話す事が出来る力、が必要。
  そして、そのような条件を取りそろえているのがカウンセラーでなければならないと思って
  います。


  カウンセリングというものの社会的役割は、心の病の人の話を聴き改善をサポートすること
  だけにとどまらず、人間関係、自分の性格や行動、仕事などで悩んでいる人、課題を感じて
  いる人が、自分のことについて正しく考える機会を提供し、現状を変えていくためのサポート
  だと認識しています。

カウンセリングで行動が変わり、人生が変わる


  人の心や行動は、悩みを誰に話すかによって大きく変わります。
  大切な話ほど、安心できる場所で、安心できる相手に話す事が望ましく、カウンセラーは、
  カウンセリングというものが、安心と安全が保障されていて、聴いてもらうことで得る
  ものがある、悩みの改善のきっかけが見えたと感じてもらえるものであるよう、努力して
  いかなければならないと思っております。

  カウンセリングを受けることによって日常の行動が変わった、習慣が変わった、そして
  人生が変わったという方もたくさんおられます。
  カウンセリングを利用したことによって生まれる変化が、その方の人生の幸福につながる
  ことを目指しカウンセリングを行っています。




大阪のカウンセリングオフィスAXIAへの予約



  ・トップページへ 


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー      ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害      ・カウンセリングルームの評判
  ・自分の世界観を広げるための習慣   ・カウンセラー資格と仕事
  ・カウンセラーの種類

  子育て、親子関係

  ・アダルトチルドレン         ・親に反抗できなかったという方へ
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか? ・親を好きになれない、大切にでいない

  心の病、心の問題

  ・夫の帰宅恐怖症            ・電車が怖くて乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・インターネットで買い物依存症が増加
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖い    ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・顔が赤くのが恥ずかしい赤面恐怖症   ・嘘つきの心理と虚言癖の改善
  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?
  ・占い依存から抜け出したい       ・キレてしまう人の心理

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理 ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ
  ・結婚できない女性の心理的要因      ・もしかしてセックス依存症かもしれない
  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症   ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ