大阪でカウンセリングをご希望の方へ

カウンセリングはどのように進むのか?

カウンセリングの経過とハードル

初回のカウンセリング

  初めてカウンセリングに来られる時は、皆さん初対面の人間に話をするわけですから、
  やはり緊張しておられますし、上手く思っていることを話せない場合もあるでしょう。
  でも、ご安心ください。

  初回は、緊張するのも、上手く話せないのは当然ですので、あまり難しいことは気にせず、
  自然と出てくることを話して下さい。

  初回のカウンセリングは、決意が必要なので、カウンセリングを受けるという意味での
  ハードルは高いのかなと感じています。
  それと同時に、勇気を持って来られる方のお気持ちをしっかりと受け止めていかなければ
  と感じさせて頂けます。


2回目以降のカウンセリング

  2回目以降は、カウンセラーにもカウンセリングにも少しづつ慣れてきて、話もしやすく
  なっていきます。
  でも、やはり心の病のことや悩みを話に来ておられる方が大半なので、聴いてもらいたい
  ことがあっても、それを気兼ねなく話せるようになるには個人差はあるようです。

  2回目以降は、カウンセリングの効果を感じる度合いにも個人差が出てきます。
  早い段階から効果を実感できる人もいれば、ずっと後になってから実感できる方もおられる
  ので、この段階で表れるカウンセリングのハードルは、継続するかどうかという選択です。

  正直、カウンセリングで話しているような内容は、1回来たからといって簡単に改善できる
  問題は少ないですが、ある程度継続された方は、何らかの効果を感じておられたり、悩みも
  改善に向かうケースが多いのも事実です。


  2回目以降のハードルは、変化や効果が感じられることに個人差があるのですが、ここで
  重要なのが、再度自分がカウンセリングを受ける動機や、受ける上での目的を確認して
  いただくことです。
  クライエントが自分の終着点がイメージできていない場合、当然カウンセラーもクライ
  エントにどのようにしてあげればいいのかがぼやけてしまいます。

  もしカウンセラーを変えるのであれば、自分の動機や受ける上での目的を明確にした上で、
  カウンセラーを変えるか検討された方が良いと思います。


カウンセリングの目的の変化

  カウンセリングでは、ある程度悩みが改善された時点で、通うことを終わりにする方も
  いれば、自分で改善していける気持ちが出てきて、そこから先は自分でどうにかしようと
  する方もおられますが、クライエントの何割かは自分の心の状態を保つため、仕事や人間
  関係で活かせる知識を学ぶために通い続けられる方もおられます。

  どのような理由で通うのかかということもカウンセリングを受ける方の自由です。
  そのため、自分に通う意味があると思われる方は、やはり何らかの成果を得て帰られて
  いるようです。

  また、いろんな目的でご利用いただく方がおられるからこそ、カウンセラー自身も学び
  続けなければならないですし、その学びがカウンセリングに活かされて、クライエントに
  還元されます。
  そのような関係性がカウンセリングの中でできることは、とても理想的でカウンセリング
  を受けた方が得たものは、生活の中でその人の周囲の人にも還元されてされているのでは
  ないかなと感じています。


  この段階でのハードルは、カウンセラーからクライエントが得るものがないと感じたから
  かなと思います。
  悩みの改善から始まり、最終的にこの段階で継続が途切れるのは、カウンセラーとして一つ
  のカウンセリングに対する責任が果たせた段階です。
  ただ、いつまでもカウンセラーと話す事が、自分の学びになると思っていただけるような
  精進を積んでいくことも忘れてはならないと思っています。








このページの先頭へ