大阪でカウンセリングをご希望の方へ

精神科医の仕事、カウンセラーの仕事

心の病、心の悩みは誰に相談すればいいのか?

  心の病や悩みが生じた時、精神科医やカウンセラーの仕事はどんなもので、どんな違いが
  あるのかを知っておくことは、自分の状態に適したサポートを選択するための大切な要素
  です。
  このページでは、精神科医と医者とカウンセラーの違いについて説明します。


病気の診断

  精神科医とカウンセラーの大きな違いとして、まず医者は病気の診断を下すことができ
  ますが、カウンセラーはできません。
  心の病に対しては精神障害者手帳自立支援医療とい制度があり、これを受けるためには
  医師に診断が必要となります。
  また、職場を心の病で休職する際の手配、傷病手当の手続きにも、医師の診断が必要と
  なります。


薬の処方

  医者は薬を処方できますが、カウンセラーはできません。
  心の病は、薬によって症状をコントロールする必要がある場合がありますので、
  そのような場合は、通院が必要となります。
  お医者さんの一番重要な役割は、心の病に対する対応として脳という臓器を視点を置き、
  症状に合わせて適切な薬を適切な量出す事です。


心理的アプローチ、心理療法

  話を聴く中で、その人の精神的などの部分が悩みと関わっていて、どうしていくことが
  望ましいかを考え、接していくことはカウンセラーの役割です。
  もちろん、お医者さんで心理療法を学んでいる人はおられますが、現状の医療制度では、
  医者が十分に話を聴く時間を取り、適切な関わり方をしていく事は難しいでしょう。
  また、時間があっても、それを専門的技術として持っているお医者さんは少ないのが
  現状です。


受診、来談する際の注意点

  お医者さんには、自分の心と体の状態を正確に漏れる事無く伝える事が大切です。
  患者さんからの情報が正確でないとお医者さんは正しい薬が出せないので、お医者さん
  の前で話すべき事は、自分の現在の正しい状態です。

  『悩みの相談』はカウンセラーにすべき。
  お医者さんでも、いろんな悩みの相談に的確なアドバイスのできる方はおられると思い
  ますが、悩みを聴くことが本来の仕事ではないので、悩みを話す事で自分の症状を上手く
  伝えられなければ、処方される薬に影響が出ます。
  心の病は目に見えないので、どの薬を、どれだけ出すかの判断は、お医者さんに伝える話の
  内容に左右されるので、病院では症状についてしっかりと伝え、『悩み』はカウンセラーに
  聴いてもらうことをお勧めします。

  カウンセラーには、とりあえず話せる事から何でも話して下さい。
  上手く話せなくても結構です。
  カウンセリングでは、基本的に話したいことを話していただく事が重要で、その話の中で
  重要なところにカウンセラーが焦点を当て、カウンセリングのの展開を導いてくれますので、
  話したいことや話せることからお話し下さい。








このページの先頭へ