カウンセリングを受けていると、学校や職場、ママ友、地域、その他の
コミュニティーの中で無視をされるという悩みを聴くことがあります。

無視をされるというのは、自分の存在を否定されるような心理的ダメージ
があり、無視をされた時だけでなく、その後も日常の中で気になることと
して心の中に引っかかり続けます。

 

そして、いろいろと無視をされる理由を探してしまいます。

『何が気に障ることをしたのだろうか?』
『こちらのあいさつの仕方が悪かったのだろうか?』
『自分は人に嫌われやすいのかもしれない』
『他の人に自分のことを悪く言われているのかもしれない』

 

人間関係の中で無視をされるというのは、もしかしたら何らかの理由は
あるのかもしれません。
しかし、基本的にはそんなことは気にしなくてもいいと思います。

それは、何らかの理由があっても、それを無視という形で対抗したり、
自分の感情を表現してくる人は、決して健全であるとは言えないからです。

カウンセリングの中で聴いている、【無視をされている】という話の
多くは、下記のような傾向があると感じています。

 

無視をする人の心理的傾向

無視をする人は自分を被害者だと思っている傾向があります。
悪いのは相手だから、自分は無視という形で報復したり、自分の感情を
表現しています。

また、そもそも人間関係で過度な期待を持っている傾向があります。
過度な期待は、人間関係の中で満たされることは多くありません。

 

最初は、相手が気を使ってその人に合わせていたとしても、その人の
期待が重く感じたり、違和感を感じると距離を置こうとすることもあり
ます。
そうなると不満が募り、自分の期待を満たしてくれない相手のことを
否定し始めるのですが、その否定の一つの形が無視であることもあります。

 

 

無視をする人に囚われないことが大切

無視をする人は、自分が人を無視しているようで、実はその人自身が
豊かな人間関係を築く力がないのです。
そのため、その人の中で自分が否定された存在だとしても気にする必要は
なく、普通にコミュニケーションをとれる人との人間関係を大切にする
ことに意識を向ければいいと思います。

 

自分を無視する人に対して心を割いて、その不安定な感情のまま生活する
ことで、大切な人間関係を損ねてしまっては意味がありません。

無視する人は、多少お互いの中に理由があったとしても、無視をする人
自身の心が貧しかったり、不安定だったりするので、それに付き合う必要
はありません。

 

自分を無視する人がいても、自分自身が誠実に人と向き合うことを心掛けて
生活することが大切だと思います。

 

 

▼ ブログランキングに参加しています。

ブログランキングは、それぞれのバナーをクリックしていただくとランキングが
上がるという仕組みです。
いつも応援のクリックをしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト