医療従事者とストレス

昨日は教員のストレスについて書きましたが、今日は医療従事者のストレスに
書きたいと思います。。

AXIAには、医者、看護師、理学療法士など医療業界で働いておられる方が
相談に来られることも多いです。
相談内容はさまざまですが、中には職場のストレスに悩んでおられるケースも
あります。

 

医療従事者でストレスを抱えている人が多い理由を上げると以下のようなものが
当てはまるのではないかと思います。

・仕事の時間が不規則、勤務時間が長い。
・命に係わる場面に向き合うことも多く、プレッシャーが大きい。
・人が亡くなる場面に立ち会うことがあり、気持ちが沈みやすい。
・上司、先輩との人間関係が難しい、辛い。

 

一般的には、医者をはじめ医療従事者はお給料が多いという印象ですが、
働いている時間や精神的なプレッシャーを考えると、心身の負担が大きい
ので、お給料への満足感はあっても心身の疲労がきついと感じている人も
多いようです。

また、働く場所によっては、給料も少ない上に休みがほとんどないという
こともあります。

看護師の場合は、女性が多いので女性特有の人間関係の悩みを抱えて
おられる方も少なくありません。

 

医療従事者は、我慢強い人、ストレス耐性の高い人も多く、ギリギリ
までストレスを抱えたまま頑張ってしまうという点と、医療従事者
ばかりの環境で働いているので、プレッシャーが大きくてストレス
レベルの高い職場であることを気付いていないため、きつくても
耐えて働くのが当然という雰囲気がある点が、ストレスが大きく
なってしまう要因だと思います。
医療は、人の命と向き合い、ケガや病気の人を支えていく仕事だから
こそ、自分の気持ちを吐き出してストレスのケアをする習慣を持って
頂きたいと思います。

自分の心のコンディションを整えておくことも、安心した医療を提供
するための条件ですので、カウンセリングを活用して下さい。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ