指示や方針が一貫しないダメ上司がいる職場

指示や方針がコロコロ変わる上司

ストレスレベルの高い職場には、言うことや方針をコロコロと変える上司がいるという
のも一つの特徴です。

組織で働く以上は、上司の指示を理解してそれに沿った行動をとることが求められる
ので、不自由さも多いです。
それだけでも一定のストレスがあるのに、上司の方針がコロコロと変わってしまうと
安心して仕事をすることができません。

 

人は、時間や行動を拘束されたり、管理されることがストレスになる上に、上司の方針
によって予定や考え、行動を変えなければならないとなると、先を予測して働くことが
できなくなるので、ストレスが大きくなってしまうのです。

例えば、新しい仕事を始めた時は経験がないため、十分な予測ができずに疲労感を感じ
やすいのですが、上司の言うことがコロコロと変わるというのは、経験のない仕事を
行うような緊張感に近いものがあるため、ストレスも大きくなるのです。

 

頼りにならない人が権限を持っているストレス

指示や方針がコロコロ変わる上司は、概ね部下からあまり信頼されていません。
組織では、役職が上がるほど実務よりも状況の分析や決断が上司の役割として大きく
なっていきますし、部下もそれを安心して上司にゆだねられるからこそ思い切って
働けますし、安心感を感じられる上司は人間的にも信頼されます。

しかし、上司が指示や方針をコロコロ変える背景には、自己保身のためだということ
が多く、それが部下に伝わってしまうと部下の不安と不満が強くなり、ストレスを
感じやすくなってしまいます。

 

上司だから優秀だとは限らない

職場で、上司の優柔不断さやビジョンのなさを嘆いている人は、あなたが優秀だから
かもしれません。
優秀だからこそ、上司の問題点や改善点に気づきやすいし、改善しない上司に不満が
募っている可能性もあります。

反対に、指示や方針が変わる頼りない上司は、本当はそのポストにつける器をもって
いなかったのかもしれません。

 

そんな場合は、上司が指示や方針を決めやすいように選択肢を絞った提案をしていく
ことも有効です。
自分に上司が持っていない洞察力や分析力があるのなら、上司が決断しやすいように
提案していくことも働きやすい職場を作る方法の一つです。

カウンセリングでは、上司に関する不満を相談に来た人が話しているうちに自分の
能力や意思などに気づき、どのように働くことが自分にとって良いことなのかを
理解するということもあります。

思いきり愚痴を言うことも、前に進むためには必要なこともありますので、上司に
不満がありストレスを抱えている方は、仕事の相談ということでカウンセリングを
受けてみてはいかがですか?

 
ストレスレベルの高い職場の4つの特徴

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ