今年度、我が家の長男が小学生になりました。

うちは、子供が二人いて長女は5年生、長男が1年生です。

子供の小学校入学は、親としては手を離れることも増えるので、ホッとする部分がある
と同時に、勉強についていけるのか、そもそもちゃんと座って授業を受けてくれるのか、
など少し不安も増えます。

 

小学生

 

上の子は、外ではしっかりと見られたい、しっかりしようという意識が強い子なので、
家ではまだまだなところが多くても、外ではある程度しっかりと取り繕える子です。
そのため、外でだけしっかりしていても、家で注意されることが直らないのはダメ
だと、妻からよく怒られています(^^;)

下の子は、上の子に比べてマイペースなので、小学生になるとどうなるのかと思って
いましたが、意外と不安に感じていることもあったらしく、入学から数日は家でも
少し落ち着きがなく、学校に行ったら怒られないようにしなければと思っていたのか
緊張しながら過ごしていたそうです。

 

うちの子は、二人の生まれつき性格も違うので、家での様子、幼稚園時代の様子、
そして小学校に入学した時の様子にも、たくさんの違いがあります。

同じ親から生まれても、生まれつきの性格が違うことは良くあるので、それぞれの
特徴をよく見極めて接することを大切にしています。

皆さんも、ご自分のお子さんの小学校入学時の違いなどを思い出してみると、
それぞれの特徴を改めて認識するきっかけになると思います。

 

それは、生まれつき性格の特徴が表れやすいのはストレスを受けた時なので、
入学などの環境の変化は、一時的なストレスの増加にもなるため、ストレスに
対してどのような反応をしていたのかを比べることで、子供の性格の違いが
明らかになりやすいからです。

親が、子供はこうあるべきだと決めつけていると、性格の特徴を見逃してしまい
やすくなりますが、この子はこんな時どうするのか、どんな反応を見せるのかと
関心を持ってみてあげると、いろいろ気づけることも多いと思いますよ。

 

AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト
 


 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ