電車に乗れない、飛行機に乗れないという悩み

ある日、突然電車に乗れなくなってしまったという方や飛行機に乗ると落ちるような気がする
という方がカウンセリングに来られることがあります。

乗り物に乗ることが怖い、乗るとパニック発作が出るという方は、そのことに悩まされている
期間が長い程、自分がどうしてそうなってしまったのかということがわからなくなっています。
本当は、発作が現れるようになってからできるだけ早い段階でカウンセリングを受けた方が
いいのですが、パニック発作に悩まされている方はある意味我慢強いところがあるので、
発作が長く続いて自分では改善ができないと思うまで相談に来られません。

 

パニック発作になる原因には、初めて発作が起きた時に過度のストレスを抱えていることや
神経が疲労してしまっていることが多いのですが、ストレスや疲労に我慢強いために初めて
発作が起きた当時の自分の状態を把握できていない人が多いです。
そのため、『乗り物に乗ったから発作が起きた』という短絡的な結び付けが自分の中で成立
してしまって、その後はその思い込み通り、乗ることに不安を感じている乗り物に乗ると
発作が起きてしまうのです。

初めて発作が起きた時に、自分がどんな状態にあったのかということや発作と乗り物に因果
関係はないということを早い段階でカウンセリングを通じて理解していただければと思います。
電車や飛行機に乗れないという方は、できるだけ早くカウンセらーに相談して下さい。

 

ブログを読んでいただいている方で、自分はもうずいぶん長くパニック発作に悩まされている
という方は、カウンセリングだけでなく改善のためのトレーニングも提案させていただくこと
ができるので当事務所にご相談下さい。
不安に打ち勝つ脳活性トレーニング

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ