SNSのトラブル|LINE編

SNSのトラブルについて、昨日はFACEBOOKによるトラブルについての記事をアップしました。
今日は昨日に引き続きSNSのトラブル、LINE編です。

フェイスブックよりもLINEの方が連絡用ツールとして使われていることは多いと思います。
重要な連絡はもちろん、親しい人間関係でのたわいもないやり取りまで、幅広いコミュニケー
ションにLINEは使われていて、そういう特徴だからこそ生まれるトラブルがあります。

 

 

LINEによるトラブル

LINEによるトラブルとして多いのは、親しい人で作るグループ内でのコミュニケーション
から生まれているようです。

グループ内での発言が、同じグループのメンバーの誤解を生み人間関係が気まずくなったり、
グループ内の話題に着いて行けずに、グループも退会して実際の人間関係でも付き合うのが
嫌になったり、グループ内で自分の投稿だけを無視されるようになったりと、トラブルの
内容はさまざまです。

その他のトラブルは、職場の人とIDの交換を行ったら執拗にメッセージが送られてくる
ようになり、無視することもできずに悩んでいるというものもあります。
中には、交際をしつこく求められるなど、SNSのトラブルというだけでなくセクハラ問題
になるようなものもあります。

LINEは、相手がメッセージをわかるので、メッセージが来ると返信しなければならない
という煩わしさを感じている人も多いようです。
カウンセリングには、学生の学校での人間関係の相談やママ友との人間関係の相談の中に
LINEの話もよくでてきます。
現代の人間関係の悩みの中でLINEによるトラブルが占める割合は大きくなっていると
感じています。

SNSのトラブルと悩み

 

 

▼ ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!r
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

 

 



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ