清原和博さんの告白を読んで

昨日、清原和博さんの告白という著書を買い、1日で読み終えました。
薬物依存と戦っている当事者のリアルな心境が書かれており、引き込まれるように読んだ
ため、短い時間で読めたのだと思います。

 

私は、ギャンブル依存、買い物依存、ネット依存、SEX依存、恋愛依存、アルコール依存、
薬物依存、万引き、性犯罪など、さまざまな依存症の方からの相談を受けてきた経験があり
ますが、私がカウンセリングで感じている依存症の改善の難しさを裏付けるような内容が
書かれており、

そのため、この本を読んで最終的に強く思ったことは、
清原さんは死にたいという気持ちに襲われることがあるそうですが、絶対に行動に
移してほしくないということです。

 

依存症の改善は、道のりが長く、自分との長い闘いになります。
依存行動をもう一度行いたい衝動に駆られるたびに、自己嫌悪になり気持ちが落ち込み
ます。
本当に孤独な戦いです。

しかし、多くの依存症の改善を目指す人には、支えてくれる人、応援してくれる人がいて、
清原さんにもそういう方がおられると思いますし、今は複雑な感情を抱えている息子さん
達もお父さんが立ち直ることは願っていると思います。

 

人は過ちを犯すことがあり、それを心に重くのしかかる後悔として抱えて生きていくこと
になることもありますが、それに負けない姿、乗り越える姿を見せていただきたいと
思います。

野球で多くの人に感動や影響を与えたように、人は薬物依存からで立ち直れるということ
を示して、野球とは違う形になるかもしれませんが、人に勇気や希望を与えて頂きたいと
願っています。

 

 

自分の性格との付き合い方

本の中には、清原さんが自分と他の元プロ野球選手と自分を比較しつつ、自分の性格に
ついて語っている部分があるのですが、それを読むと清原さんの生まれつき性格が
感情タイプであることがよくわかります。

他には、世の中のルールと自分の中のルールについて書かれている点を重ねると
清原さんの生まれつき性格が、タイプ2という気質であると分析できます。

タイプ2は、感情が一つの行動を選択する理由になると思っているタイプであり、
感情がその人にとっての成功にも失敗にも強く影響します。
そのため、しっかりと自分の感情をコントロールするスキルを身につけることが
必要です。

清原さんの著書からは、人は悩んだ時や気持ちが追い詰められた時ほど、自分の
性格傾向を見つめる時間やアドバイズをくれる人の存在が必要だと感じました。

 

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

▼ ブログランキングに参加しています。

ブログランキングは、それぞれのバナーをクリックしていただくとランキングが
上がるという仕組みです。
いつも応援のクリックをしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト