人間関係を混乱させるトラブルメーカーについて、3回目の記事です。
このシリーズは、今回の記事が最後です。
今回は、平気で人を騙すトラブルメーカーです。

 

平気で人を騙すことができる人

世の中にはまれに平気で人を騙すことが出来る人がいます。
人を騙すことは良心が痛むし、騙すことが反社会的な行為にもつながるので、
大きなリスクもあるので、多くの人は人を騙さないように心がけています。
しかし、人を騙すことに罪悪感がなく、その結果他人に迷惑を掛けることも
平気な人がいるのです。

そのような特徴が強く、改善されない人は反社会性人格障害である可能性
があります。

 

反社会性人格障害の特徴

  • 自分の利益、快楽のためにルールを破ることが平気
  • 他人への共感力が弱く、愛情が気薄である
  • 自分の行動が他人に迷惑になることを気にしない
  • 反社会的な行動が衝動的ではなく、計画的である。
  • 人をだませるかどうかという視点から見ている

 

反社会性人格障害の人は、コミュニケーション能力は低いわけではなく、
表面的な魅力を持っていることも多いので、騙す側と騙される側という
ことで人間関係を築くことには長けています。
一旦は親しくなり、その人を騙して自分が利益を得ようとします。

 

反社会性人格障害は、さまざまな反社会的な行動で問題を起こしますが、
カウンセリングでは、反社会性人格障害の人に騙されてお金を取られた
にも拘わらず、騙された本人がそれを認めようとしないということで、
ご家族が相談に来られることが多いです。

そのようなケースは、最初はご家族がカウンセリングに来られて、
後日騙されたご本人が相談に来られるという流れになることが多いです。

 

 

平気で人を騙すトラブルメーカーへの対処法

上記のような人への対処法は、騙された後であれば、それ以上に被害が
大きくならないように距離をとることです。
騙された相手からお金を取り戻したいと、自分一人だけで行動して余計に
お金を取られてしまう人もいるので、距離を置いて関わらないことが
被害を大きくしないためには大切です。

お金を取り戻したい、取り戻せる可能性があるということであれば、
自分の勝手な判断で行動するのではなく、弁護士などの法律の専門家
に力を貸してもらうことをお勧めします。

 

騙される前なら、まだ出会ってからそんなに時間が経っていない、
付き合ってから日が浅いのに、必要にプライベートなこと、特にお金の
ことを聞いてくる場合は、その人との関係を見直した方が良いでしょう。

反社会性人格障害の人は、嘘も平気でつくので話に矛盾点が生まれます。
相手の話に何か違和感を感じる、納得しないという場合は警戒が必要
です。

 

騙された後の人も騙される前の人も、もしかしたら自分が親しくしている
人は反社会性人格障害かもしれないと思ったら、人格障害の知識を持って
いるカウンセラーに相談して下さい。
しっかりとした知識を持ったカウンセラーなら、話を聴いていると対象者
が人格障害であることはある程度判断できるでしょう。

どのように対処をすべきかなど、アドバイスをもらって被害を防ぐことが
大切です。

 

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

▼ ブログランキングに参加しています。

ブログランキングは、それぞれのバナーをクリックしていただくとランキングが
上がるという仕組みです。
いつも応援のクリックをしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト