人間関係を混乱させるトラブルメーカーについて、2回目の記事です。
今回は、急に態度が変わるトラブルメーカーです。

 

ある日を境に急に態度が変わる人

友人関係でも恋愛関係でも、最初は好意をもって接してくれていて、
どちらかというとこちらが戸惑うほど距離を縮めてきたのに、ある日を際に
急に態度が変わり、攻撃的、否定的になる人に悩まされたことはありせんか。

境界性人格障害という心の問題を抱えた方がいますが、この傾向が強い人は
他人の良い面に対する期待が強い反面、同じ相手のマイナス面に関しては
強い怒りを示す傾向があります。
このマイナス面というのは、その人の短所というよりは境界性人格障害の
方にとって期待に添うことが出来ない部分であることが多いです。

 

境界性人格障害の特徴

  • 妄想的で、人に見捨てられるという不安を不安を抱いている
  • 人間関係で態度の落差が大きく、コミュニケーションが安定しない
  • 感情が不安定で、その変化に周囲の人が振り回される
  • 自分の不幸を他人のせいにしてしまい、幸福感を感じにくい
  • 強いストレスを受けるとパニックを起こすことがある
  • 自殺すると言ったり、自傷行為を繰り返し、気を引こうとする

 

境界性人格障害によって人間関係のトラブルが起きやすいのは恋愛です。
好意を持ってくれていた相手が、いつの間にか疑念を持つようになって、
そこから怒りを抱くようになり、パートナーを批判し続けるのです。

職場の人間との間でも、境界性人格障害の人とどう接していいかわからない
と困っている人はおられますが、職場内での恋愛関係で境界性人格障害の
人とおらブルになっている人が多いと感じます。

 

 

急に態度が変わるトラブルメーカーへの対処法

上記のような人への対処法は、前回の記事と同じ対策法になりますが、
可能であれば距離を置いて関わらないという選択が一番です。

 

本来は、ある程度距離が近づく前の状態で、過剰に距離感を詰めてこようとして
いることを察知して、それ以上距離を縮めないことが肝心です。

境界性人格障害の人は、一定の距離感からは非常に攻撃的で、批判的な言動を
ぶつけてきますが、それでもその相手との関係を維持しようと思っています。
ふつうは、そんなに攻撃的、批判的な思いを持っているなら距離を置けばいい
のにと思うでしょう。

 

しかし、境界性人格障害の人は、自分が本当に相手に好意を持ってもらえて
いるのか試そうとして攻撃的、批判的になっているので、分かれるという
選択肢持っていないため、相手のペースに巻き込まれると相手の態度に
よって振り回され続けています。

違和感を感じるほど仲良くしようとしてくる人がいたら、一度冷静になり
距離感を取ることが対処として望ましい方法です。

 

主に恋愛が多いですが、境界性人格障害の人に悩まされているという相談を
受けることがありす。
身近な人の感情や態度に振り回され続けて、心が疲れているという方は、
詳しい対処法を知ることが有効なので、カウンセリングの中では境界性人格
障害の方との関わり方、距離感についてアドバイスをさせて頂くことが
可能です。

 

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

▼ ブログランキングに参加しています。

ブログランキングは、それぞれのバナーをクリックしていただくとランキングが
上がるという仕組みです。
いつも応援のクリックをしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト