何度かに分けて、世の中にいるトラブルメーカーについての記事を書きたいと
思います。
今回は、権力を振りかざすトラブルメーカーです。

 

特別扱いを求め、尊大な態度をとる人

権力を振りかざし、自分を崇めることや重要視することを求め、それが満たされ
ないと他人を攻撃するというトラブルメーカーがいます。
そのようは人の心理的な特徴は、自己愛性人格障害の特徴が当てはまることが
多いように思います。

自己愛性人格障害という健全に人格が成長せず、自分のことを称賛されたいという
欲求が異常に強く、その反面他人への共感力は欠けていて、他人への嫉妬心が強く、
安定した人間関係を築くことができないという人格の特徴があります。
権力を振りかざすトラブルメーカーは、自己愛性人格障害の特徴を持っていること
が多いです。

 

この自己愛性人格障害の人は、人間関係や社会で下記のようなトラブルを起こし
やすい傾向があります。

  • 横領、着服などのお金に関する不正
  • 他人を排除しようとして横暴な行動をとる
  • 自分が特別な扱いをされないと激しく怒る
  • 一部の人を仲間に引き入れ、誰かを攻撃する

 

自己愛性人格障害は、自分の存在や行いに対する過剰な尊敬や賞賛を求めていて、
それが周囲から得られる評価とのギャップがあるため、内心は常にフラストレー
ションを抱えています。

そのため、人間関係で自分に従わない人、異論を唱える人、問題点を指摘する人
に対して異常な敵対心を示します。
さらに自分に非があっても認めることはなく、相手に問題があると言って攻撃的
な態度を取り続けるため、その人の周囲からはどんどん人が離れていきます。

しかし、多くの人に賞賛され、尊敬されることで自分の強い劣等感を満たそうと
しているので、フラストレーションはどんどん大きくなり、さらに他人とトラブル
を起こす可能性が高まってしまいます。

 

 

権力を振りかざすトラブルメーカーへの対処法

上記のような人への対処法は、可能であれば距離を置いて関わらないという選択
が一番です。

 

嫉妬心の対象となる人、自分を重要人物として扱ってくれない人を勝手に敵視
して、言いがかりをつけて攻撃してきたり、仲間外れにしたり、陰口を言って
対象者の評価を落とそうとします。

そのため、距離を置いて相手を刺激しなくても良い関係性になることが望ましい
のですが、そうはいかない場合もあると思います。
その場合は、特別仲良くすることもなく、相手を刺激しないようにして、その人
にとって完全に取り込めないけど、安全な人であると感じてもらうことがトラブル
に巻き込まれない方法です。

 

自己愛性人格障害の特徴を強く持った人ほど、その人とコミュニケーションを
取ることは疲れるし、その人に自分の方が力関係が上だと思われると理不尽な
仕打ちを受けることも増えてしまうので、もしそんな人が近くにいて悩まされて
いる場合は、カウンセラーに相談してみるのも一つの手段です。

 

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

▼ ブログランキングに参加しています。

ブログランキングは、それぞれのバナーをクリックしていただくとランキングが
上がるという仕組みです。
いつも応援のクリックをしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト