人間には、生まれ持った性格の特徴がありますが、夫婦関係を築く上で自分
とパートナーの生まれつき性格を知っておくことは有益です。

生まれつき性格は気質と言って、環境から受ける刺激に対する脳の反応の
傾向であり、親しく気を許している相手にほどその特徴が出てしまうので、
夫婦関係には間違いなく影響があります。

私は、自分と妻の生まれつき性格は把握していますが、結婚生活の中で
知っておいてよかったと思うことは多々あります。
 

私はタイプ3という協調性が高く、効率や合理性のある思考をしています。
しかし、競争心が高く、嫉妬しやすい一面もある、という特徴があります。
妻はタイプ4という創造力が豊かで、人と違う個性を認めてほしいという
傾向があり、きれい好きである反面整理整頓が苦手、という特徴があります。

この2つは、どちらも大人になっても子供っぽさが残り、誰かの保護を必要
とする特徴があるので、タイプ3とタイプ4が結婚すると、より子供っぽさ
が強いタイプ4をタイプ3がリードする傾向があります。

私の場合は、妻の方が3歳年上ですが、家庭の方針や重要な決定事項は、
妻が一人で決定するのは不安なので、常に確認があります。

あとタイプ4の女性は、自分ひとりの時間や個性が磨く行動を大切にして
いるので、子供を連れて出かけたり、妻が挑戦したいことを応援すると
いうことも心がけています。

私自身も剣道をする時間が欲しいと思っているので、いつも一緒にいる
ことを求めるタイプよりも、自分の時間を大切に考えるタイプの人と
結婚したことで、窮屈な思いはせずに暮らせています。

 

タイプ3は挑戦を好むタイプですが、タイプ4は不安がりなので、
私が独立すると言った時はかなり不安がっていました。
でも、私の決定を応援してくれたのは、個性を大切にするタイプだった
からというのも影響しているのかもしれません。

 

生まれつき性格の違いは夫婦関係に表れる

生まれつき性格によって求めること、人生観、得意なことや苦手なこと
なども違うので、その違いを理解して認め合うことができた方が相手に
対する感謝も生まれやすいし、余計な衝突も少なくなると思います。

違いがあること自体に問題があるわけでも、違い自体が相性の良い悪い
を決めるのではなく、自分と相手の性格への関心の弱さと理解の無さが
結婚生活での不安や不満を生み出すので、自分とパートナーとの関係を
考える手がかりとして、お互いの生まれつき性格を把握しておくのも
いいのではないかと思います。

こちらは、私が作った生まれつき性格のチェックテストの簡易版です。
参考までにやってみて下さい。

カゲモン性格診断 WEB版

 

 

よりしっかりと把握するためには、私の著書 カゲモン性格診断を読んでみて下さい。

著書の紹介


 

 

▼ ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ