プロカウンセラーの話の聴き方

カウンセリングは、話を聴くという手段によって、クライエントの悩みを解決に導く、
解決の方向を示す、そして解決への援助をするという仕事です。

プロのカウンセラーによるカウンセリングと、素人が話を聴くという行為の違いは、
しっかりとした知識があり、相手の話を聴きながら自分の知識と照らし合わせながら
解決の可能性、方向性、手段を探っているという点だと思います。

さらに実績のあるカウンセラーほど、知識だけでなく経験が備わるので悩みを解決
へと援助をする手掛かりをたくさん持っています。

 

悩みの解決へとつながる手掛かりは、カウンセラーの持っている知識や経験と
クライエントの持っているさまざまな情報であり、その情報の中には体験、感情、
思考、環境などいろいろなものが含まれます。

プロのカウンセラーは、悩みの解決のために話を聴きながら自らの知識や経験と
クライエントの持っている情報を照らし合わせながら話を聴いており、さらに
話を聴いている時の自分とクライエントの感情にも注意を向けているのです。

 

 

話を聴くセンス

プロのカウンセラーでなくても、クライエントの持っている情報を上手く把握
しつつ、相手の感情にも配慮をしながら話を聴き、話を聴くことで相手の援助
ができる人がいて、そんな人を見ていると話を聴くセンスがあるなと感じます。

反対にプロのカウンセラーと名乗っていても、そのセンスがない人や自分の知識
に頼りすぎている人は、クライエントの持っている情報を悩みの解決に活かせて
いません。
そして、話を聴きながら自分と相手の感情への注意が向けられていません。

 

私は、カウンセラーであれ、素人であれ、話を聴くセンスのある人は、下記の点
が長けていると思っています。

  • 相手が話しやすい聴き方ができる
  • 相手の話への焦点の当て方が良い
  • 話を聴きながら相手の世界観を想像力できる
  • 質問の仕方が上手い

 

いくらカウンセラー資格を持っていたとしても、これらのことを深く意識しなく
てもある程度できなければプロのカウンセラーとして十分なカウンセリングを
行うことは難しいと思います。

 

私は、社内、社外を問わず、カウンセラーの育成に関わっていますが、正直
上記の4つのポイントは一朝一夕でできるものではなく、プロのカウンセラー
になる前からある程度は備わっていなければ、プロとして活躍していくことは
難しいと感じています。

プロカウンセラーと名乗っていても、上記の4つのポイントが不十分な人は
カウンセリングが下手です。

 

カウンセラーに求める基準

弊社では、現在男性カウンセラーを募集していますが、臨床経験が少なく、
まだ知識が不十分だとしても、4つのポイントが一定のレベルにあると
見受けられる人を求めています。

知識は努力をすれば身に付いていき、経験は4つのポイントが備わって
いる上で知識がついてくれば、自然と臨床件数は伸びていくことで増える
ので、4つのポイントがどれほど長けているかを見ています。

 

プロのカウンセラーになりたいと思っている方は、4つのポイントが自分
には備わっていれば、プロとして活躍できる可能性が高いのではないかと
思います。

 

募集、採用に関する詳しい内容こちら

男性カウンセラー募集

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  

 

 


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト