親の幼児性が子供の心の葛藤を生む

子供の心の成長の妨げになるものに親の幼児性があります。

カウンセリングで話を聴いていると、親の幼児性によって悩まされていた方は
とても多いということがわかります。

本来、幼児性は大人になっても大なり小なり誰もが持っているものですが、
結婚をして子供ができた時、自分の幼児性は趣味や遊びによって満たしたり、
子供ではなくパートナーに受け止めてもらうことが理想なのですが、夫婦関係
が上手くいっていない場合や自分の幼児性に気づいていない場合は子供に対して
幼児性を向けてしまいがちになります。

 

例えば、幼児性を子供にぶつけている人は、下記のような態度が見受けられます。

・感情のままに子供を怒る。
・夫、または妻への不満を子供に話す。
・子供に対していつも上から目線で接している。
・子供の話を否定して、自分の正しさを主張する
・子供の興味ではなく、自分の興味や都合に付き合わせている

上記に該当する人は、自分と子供の距離感が上手く取れていないし、子供は
親の言うことを聞いたり、親のために行動することは当然だと思っている人も
多いです。

また、子供は求めたり、望んでいないことをしていても、自分のしていることは
子供のためになっているはずだと思い込んでいる人もいます。

 

親子関係は、父親と母親という役割を演じなければなりません。
その役割は、愛情を与え子供の自尊心を育むことと子供が社会に適応していける
ようにしつけをすることです。

そのために、子供の成長に応じて父親、母親としての役割をよく見極めながら
行く必要があります。
しかし、幼児性をコントロールできない大人では、親としての役割を演じる
ことができません。

親子関係に葛藤を感じながら育った人は、父親や母親の幼児性の影響を受けて
育った人であると言えます。
両親の幼児性の影響を受けて、親子関係に葛藤を抱えながら育った人は、
カウンセリングを受けて心の整理を行っていくことが望ましいと言えます。

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ