私は、性格の知識をとても重視してカウンセリングをしているカウンセラーなので、
生まれつき性格に関する著書も出しているのですが、そんな私でも生まれつき性格が
わかりにくと感じる人がいます。

実は、人間の性格は精神状態を安定させ適切な努力をしている場合と、ストレスを
受け精神状態が悪化しているとある法則に基づいて性格に変化が生じます。
その変化が続くと、生まれつき性格が隠れてしまうため、性格学に詳しい専門家が
分析しようとしてもその人の生まれつき性格がわかりにくくなってしまいます。

簡単に言うと、人格者と心が病んでいる人は生まれつき性格がわかりにくいのです。

実は、私の友人のある会社の社長は、出会った時生まれつき性格がわかりにくい人
の一人でした。
その方は、部下への厳しさは持っていますが、非常に面倒見が良くて根気よく部下
の指導をされていたので生まれつき性格はタイプ2かも知れないと思っていたの
ですが、タイプ2の人とは異なった雰囲気も感じるなと思っていました。

それから何度か会って話をしているうちに、その方の生まれつき性格がタイプ8
であることがわかりました。

 

タイプ2と8の共通点は、リーダーになっている人が多く、その資質も持って
いることや攻撃性の強い一面があること、自尊心が高めであるということなど
があげられるのですが、タイプ8はタイプ2に比べ雰囲気が重厚で、近寄り難さ
を感じるところがあります。
また、タイプ8は他人に目立ちたい気持ちを持っていますが、タイプ2は目立つ
かどうかという意識が弱いという違いがあります。
その他にもいくつかの特徴に違いがあり、それらの違いをその社長から感じる
ことでその方がタイプ8だと気付くことができました。

では、なぜタイプ8の人をタイプ2かも知れないと思ったかというと、それは
タイプ8の人が人格的に成長をするとタイプ2の良い特徴を正確に取り込み
始めるからです。

 

タイプ8以外の8つの生まれつき性格も、それぞれに成長の方向が決まって
いて、自分の生まれつき性格に合った努力をしていくことで人格が向上して
いきます。

自分の人格を高めるための法則が知りたい方は、ぜひカゲモン性格診断を
読んでみてください。