仕事が適切に評価されない

自分の行っている仕事を適切に評価されないことはストレスになります。
自分しかできないとまでは言えなくても、できる人は限られる仕事を担当して
それなりの成果を出しているのに評価されないストレスを抱えているという
相談を受けることがあります。

また、自分は効率を考えて仕事をしているので無駄な残業はしていない人が
残業をしていないからといってがんばっていないとみなされるという不満を
持っている人もおられます。

本来の仕事の目的を考えると評価されるべき視点というものがあるのに、
価値観がずれていて適切な評価ができない上司はいるので、適切な評価を
受けられずストレスを抱える人がいるのです。

 

他人と比べて不適切な評価を受けている場合

明らかに同僚よりも仕事の成果も出しているのに、同じような評価を受けて
いたり、仕事の成績に変わりがないのに同僚が過剰な評価を受けている場合
があります。
このような状態もストレスを感じます。

仕事には目に見えない、数値化できない貢献というものもあるので、一概に
数値化できる成績だけで評価ができるものではありませんが、人の好き嫌い
で評価をしたり、その時々によって評価基準が変わってしまう上司の元で
働いているとストレスを感じます。

人は身近な人との評価の違いに敏感なものなので、上司の評価が一貫して
いるということは働きやすい職場の条件の1つなのです。

 

自己分析と目的設定でストレスを跳ねのける

適切な評価を受けていないことでストレスを感じている人は、まずは自分
のことをよく分析し直すことが必要です。
それは、評価とはそもそも人間の感情が加わりやすいものなので、他人から
の評価を求める気持ちが強すぎるほどストレスが大きくなります。

そのため、他人ではなく自分が評価している自分の一面は何かということや
自分はなぜ評価を受けたいのかということを確認するのです。
それによって自信が回復したり、評価の先に求めている目的が明確になれば
一時期の他人からの評価で心を乱さなくてもすみます。

また、自分の仕事も目的を出世や昇給だけにおくのではなく、仕事の質にも
向けるなどして、仕事の満足感を高める要素を増やすことも大切です。

 

ストレスレベルの高い職場の4つの特徴