前回の記事に続き、職場のストレスについて書きたいと思います。

前回の記事 ⇒ 責任逃れをする上司がいる職場

今回は、ストレスを発散するための余暇が取れない職場についてです。

 

知らないうちに積み重なるストレス

何が職場のストレス原因かを聴くと、多くの人から人間関係だという答えが返って
きます。
それは、人間関係のストレスは、感情が負の状態になって精神的な疲労が生じて
いるので、自分がストレスを抱えていると自覚しやすいからです。

しかし、ストレスが蓄積していても、それを自覚できない状態があります。
それは、神経が疲労している状態です。
神経が疲労している状態とは、仕事によって注意力や思考を働かせることによって
脳が疲労してしまう状態です。
脳が疲労すると、神経の活動も弱まってしまって、特に自律神経が上手く働かなく
なってしまいます。

 

なんか体調がすぐれないと思って病院に行ったら『あなたは自律神経失調症だ』
と言われたという話を聞きますが、内臓の働き、肌の状態、頭皮、精神状態などに
異常が表れて、その原因が自律神経の働きが疲労によって乱れている状態のことを
自律神経失調症というのです。

感情が負の状態になっている精神の疲労は、ストレスがあるとすぐに自覚できる
ことが多いのですが、一定の疲労が蓄積したのちに症状が出る神経の疲労は、
症状が出るまで自覚することができない、症状が出たとしても原因が神経の疲労
だと気づかないこともあるため、疲労しているというストレス状態になっていて
も気づかないまま仕事を頑張ってしまうということになるのです。

 

神経が疲労するストレスの怖さ

自律神経とは、人間の意思に頼らずに人間の生命を維持するために体を働かせて
くれている神経のことを言います。
わかりやすく言えば、勝手に心臓が動いて血液が流れていること、意識しなくて
も呼吸をしていることなどは、自律神経のおかげなのです。

そのため、自律神経の働きが乱れるということは、命に係わる症状が出る可能性
もあるのです。
心臓の発作、高血圧による血管の破裂なども自律神経が関係している症状です。

 

神経の疲労は、私たちによって自覚しにくいものですが、蓄積すると体の働きを
乱す危険性のあるものなので、疲労している自覚はなくてもケアをする必要が
あるのです。

 

適度な余暇が必要

仕事が忙しすぎて残業時間が多い、休日が取れないという職場は、神経を休める
ための余暇を取る時間がありません。

残業続きでうつになってしまう、パニック発作が出るようになった、めまいが
するようになった、場合によっては命を失うことになってしまったという人が
出るのは、余暇を取ることができない職場である可能性が高いと言えます。

 

神経の疲労が蓄積してストレスとなっている場合は、仕事で使っている神経を
休ませる必要があります。
それが休息なのです。

また、この休息については詳しく説明しますが、休息をとり神経を休めること
によって、日々いいコンデションで仕事をすることができるのです。

 

人間関係も決して悪くない、肉体的な疲労が高い作業をしているわけではない
のに、ストレスレベルが高くうつになる人が多い、社内に活気がないという
職場は神経疲労の高い可能性があります。

職場のストレスとは、自覚しにくいものもあるので、そのストレスに対する
対策を講じていくこともより良い職場を作るために必要なことなのです。

 

 

 

▼ ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ