私のブログでは、2016年に職場のストレスについて書いた記事へのアクセスが多いの
ですが、カウンセリングにも職場の人間関係で悩んでいるという相談は増えています。
これは、ストレスのある職場が急に増えたのではなく、職場でストレスを抱えている人の
中で、カウンセリングを受け陽という選択をする人が増えているのだと思います。

以前の記事では、指示や方針が一貫しないダメな上司がいる職場はストレスが高いという
ことを書いたのですが、今回は自分の立場に見合わない責任を負わされるストレスについて
書きたいと思います。

以前の記事 ⇒ 指示や方針が一貫しないダメ上司がいる職場

 

責任を負わない上司

自分が負うべき責任を負わない上司がいる職場で働いているという人がいると思います。
そのような職場では、その上司の下の者、さらに下の者がストレスを抱えているという
状態であるということが多いです。

それは、責任というのは、そこに何らかの行動の必要性が伴うことが多いので、上司が
責任逃れをすると部下がその責任を負い、その責任を果たすための行動をしなければ
ならなくなります。

 

しかし、その責任は本来一定の権限のある上司が背負うべきものなので、それよりも
弱い権限しか持たない部下が背負って行動するとなると、上司が行う以上の負担が
掛かることも多くなります。

さらに仕事量も増えて帰りが遅くなると仕事の疲れも取れにくくなってしまい疲労感
も増加します。

そして、上司の責任逃れとそれに伴う自分への負荷の増加で、上司に対する不満や
怒りも大きくなるので、精神的にも疲れてしまいます。

 

 

ダメな上司はターゲットを決める

責任逃れをするダメな上司ほど、誰になら責任を押し付けやすいかを見抜く目だけ
は肥えています。
真面目で、頼まれたことを断れない人を見つけては、自分の責任を押し付けようと
します。

その場合、責任を押し付けられる人は、おかしいなと感じながらも反論せずに責任
を引き受けてしまっています。
カウンセリングを受けに来られている人も真面目て、相手の要求を断れないタイプ
の人が多いと感じています。

 

上記のような人は、責任を押し付けられることがあっても周囲に愚痴も言わずに
仕事をこなしてしまう傾向もあるので、上司の行いが問題にならずに放置されて
しまい、同じ人が何度も責任を押し付けられるという状態が続いてしまいます。

カウンセリングでは、そのような上司にどのように対処すべきかを話を聴いて
アドバイスをしています。
状況を誰かに話すことで、対処法が見えてくることもありますし、仕事を押し
付けられる際にどのように逃れるかを学べることもあります。

 

責任逃れをする上司がいる職場で働いているという方は、悩みを一人で抱えず
誰かに話してみることで、冷静に上司の問題点を考えることができたり、
上司とのコミュニケーションの方法が分かってくることもあるので、周囲の人
やカウンセラーに相談していただければと思います。

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

▼ ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ