開業カウンセラーが生き残る割合

おそらくカウンセラーとして開業を試みている人は、1年間で何名もいると思います。
しかし、その中でカウンセラーとして働きづつけることができる人は極わずかです。

 

カウンセラーに限らずに言うと、起業してその仕事だけで生活ができるレベルに至る
人は10%に満たないと言われています。
中小企業も、10年に90%が倒産すると言われています。

起業は、法人化だけでなく個人事業も含むので10年で立ち上げた事業が続いている
割合は中小企業の生存率とは同じではないと思いますが、自分が立ち上げた事業だけ
で生活していけるレベルに達しているという条件なら、起業して10年で一定の成果
を上げている人は非常に少ないと思います。

 

これをカウンセラーに限定すると、さらにその割合は少なくなるでしょう。
なぜ少ないかという理由は、いくつかあるので詳しくは書きませんが、カウンセラー
として独立、開業して、その収入だけで生活していくのは非常に難しいことである
ことは確かです。

では、カウンセラーとして成功しないが抱えている共通の問題について説明したい
と思います。

 

開業カウンセラーが成功しない理由

カウンセラーが開業しても事業を軌道に乗せられない理由には、下記のようなものが
上げられます。

 

・マーケティングができていないので、自分の存在を知ってもらえていない
・ブランディングができていないため、何を解決してくれるカウンセラーかわからない
・カウンセリングの実力が不十分で、リポーターが増えない
・考え方に問題があり、不誠実な仕事の仕方になっている

 

これらのいくつかの理由が、開業してもカウンセラーとして事業を成り立たせていく
ことができない人には当てはまります。

カウンセラーとして事業を成り立たせていくためには、自分が上記のどれに当てはまる
のかを認めて改善していくことが必要であると言えます。

 

次回は、成功しない理由が該当しても、そこから事業を軌道に乗せられる可能性について
説明したいと思います。

 

 

 

 

▼ ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

 

 

 

 



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ